牧師就任のご挨拶


皆さんこんにちは

この度、当教会の牧師に就任した伊東勝哉です。

私は、クリスチャンの父母に育てられ、教会の皆さんのお祈りと愛と忍耐に支えられ、そして全能の神様の守りの中でこれまで生かされてきました。

これまでの人生で、様々な試練があり、挫折することも幾度とありました。
けれども、神様はその時々に、弱い私にとって相応しい助け人を与えて下さったり、聖書の言葉によって心に平安と慰め、そして希望を与えて下さり、祈りの中で人生の大切な決断をさせてくださいました。

私は、4年半、介護施設で働いた後、25歳の時に「松原湖バイブルキャンプ」というクリスチャンのキャンプで・・

「まだ若い、と言うな。わたしがあなたを遣わすどんな所へでも行き、わたしがあなたに命じる全ての事を語れ。」
(エレミヤ書1章7節)

・・という聖書の言葉が与えられました。


そして、2008年の4月から東京都羽村市にある神学校「聖書宣教会」で4年間学びました。
卒業後、2012年の4月より、当教会でお仕えしています。

いつも心から神様に感謝する事は、自分自身が人生の絶望の中で、神様と人とに慰められ、励まされ、そして希望をいただいてきた経験ゆえに、人生に疲れ果て、病に苦しみ、社会から冷たくされている人のことを決して他人事とは思えずに、こんな自分をここまで助け導いて下さった神様にある希望と喜びをどなたにでも伝えたいという素直な思いが与えられている事です。

伊東牧師玄関前

イエス様はこう言われました。

「すべて疲れた人、重荷を負っている人は、わたしのところに来なさい。
わたしがあなたがたを休ませてあげます。」
(マタイの福音書11章28節)

もしも、この挨拶をお読み下さっている方で、
「教会に行ってみたいけれど受け入れてもらえるか不安だ」
「敷居が高そうだけれど大丈夫だろうか」

・・と、お思いの方がいらっしゃるならば、どうぞご遠慮なくお越しください。
どなたでも大歓迎です。

愛なる神は、全ての人に福音(良き知らせ)を告げ知らせようと皆さんを招いておられます。学歴、ステータス、冨の一切に関係なく、神様はご自身を求める者にはもれなくこの世のものではない平安を与えて下さり、真の幸いな生き方を示してくださいます。


共に、イエス・キリストの愛と赦しの中で、今私たちが生かされている意味、また目的を神様から教えられながら、永遠の希望をもって歩んでいきましょう。

皆様のお越しを教会員一同、心よりお待ちしています。


信愛キリスト教会
牧師 伊東勝哉

© SHIN AI CHRIST CHURCH   in JESUS CHRIST