信愛キリスト教会 web site FAITH, HOPE, LOVE

みことばの種

あなたの価値はどれくらい?

「あなたの価値はどれくらい?」

 かつて、レオナルド・ダヴィンチが描いた絵画が約500億円で買い取られたというニュースを聞きました。
誰がその絵を買い取ったのかはっきりわかりません。
しかし、その方にとっては、その絵にそれほどの金額を費やすだけの価値があるからそれを支払ったのです。

 聖書の御言葉にこうあります。
「わたしの目には、あなたは高価で尊い。
  わたしはあなたを愛している」(イザヤ書43章4節)

と。

 私はもともと、自己肯定感が低く、自分と人を比べては劣等感に苛まされているような人でした。
しかし、聖書を読むうちに、「神が自分をどう見ておられるのか?」という視点に気づかされ、自分の見方が少しずつ変えられていき、自分の個性と存在を価値あるものとして見ることができるようになっていきました。

 人に裏切られたり、人との関係に傷つくと、どうしても自分の価値を貶めてしまう自分でしたが、全能の神(イエス・キリスト)は、私をどんなときにも見捨てず、見放さず、同じ価値をもって見続けてくださる方だと気づいて慰めを得ました。
 

 成功している時・ものごとがうまくいっている時にだけ価値を見出されるような神ではなく、失敗したり、悩んだり、意気消沈して何もできないでうずくまっている時にも変わらない価値で私たちを見てくださる神の愛こそ本物ではないでしょうか。
 

 もし今、誰かから 「あなたの価値はどれくらい?」 と聞かれたならば、私はこう答えます。
「神が最も大切にしておられる御子イエス・キリストのいのちを支払って、私を買い取ってくださったほどの価値ですよ」と。
または、
「イエス様が喜んでご自分のいのちを捧げてくださったほどの大きな価値ですよ」
と。
もし「自分なんて生きている意味がない。価値がない…。」と落胆の中にいる方がおられたならば、ぜひ、この聖書の御言葉に耳を傾けてください。
 

「神はそのひとり子(御子イエス・キリスト)をお与えになったほどに、世(あなた)を愛された。 それは御子(イエス・キリスト)を信じる者が一人として滅びることなく、永遠のいのちを持つためである」 (ヨハネの福音書3章16節)  

 神は、私たちを罪と滅びから救いだし、永遠のいのちを与えるため、最も大切な御子に私たちの罪と裁きを負わせ、御子(イエス・キリスト)のいのちという考えられない犠牲を無償で支払ってくださいました。  

 そんな真の愛を持つ神に喜びと感謝を現わし、神の目に唯一無二の宝石のように映る高価な存在として、 自分も他者も見ていくことのできる人となって歩ませていただきましょう。

記事 1 / 11 次の記事 >

Tags
Year

Year / Month

Authors

Index